2020年11月05日

「空白の7年」の重み?

わずか5年間ではあるが、かつて航空機メーカーに勤務していた。
航空機の製造は官需が主で、当時は民間航空機の扱い高は2割くらいだったと思う。
日本の航空機メーカーはようやくボーイング社のB767等の分担生産会社から脱皮し、開発から販売までリスクも負担しながら参画するパートナー企業へと飛躍しようとしている段階だった。
「日の丸ジェット機の実現」は当時から業界そして国の悲願であり、その気運も高まっていた。

民間旅客機の開発という話になると、必ず出てくるのが「空白の7年」というキーワードだ。
昭和20年(1945年)8月の終戦から昭和27年(1952年)までの7年間、日本は航空機の生産を禁止された。この期間が「空白の7年」である。
この間、世界の航空機開発はプロペラ機からジェット機へと向かい、高速化に向けた競争が繰り広げられていた一方、日本では昭和34年(1959年)にようやく国産初の民間旅客機「YS-11」の開発が決定され、同37年(1962年)に初飛行、同48年(1973年)までの11年間に182機が生産された。
「空白の7年」の後、ようやく純民間旅客機を開発できた意味は非常に大きかったが、YS-11はプロペラ機。ジェット機には手が届いていなかった。

zsara9467.jpg

私が働いていた職場では文献や資料を読む機会が多く、「空白の7年」というこの呪文のようなキーワードに何度遭遇したことか知れない。
私がその世界に入ったのは昭和60年(1985年)なので、その時点ですでに「空白の7年」が明けてから33年もの時間が経過しており、「もう33年も経っているのに、未だにその7年間を取り戻せないのか?」などと訝ったものである。

当時の日本はバブルの真っただ中。日米貿易摩擦が課題となるほど技術立国を背景にした輸出超過が定着していた。
そんな状況下で、何ゆえに航空機だけは「空白の7年」の呪縛から逃れられないのか、甚だ疑問に思っていた。

その後私は航空機メーカーから離れることになったが、そう遠くない将来に「日の丸ジェット機」が誕生し、世界の空を飛び回ることだろうと期待し続けていた。
待てど暮らせどその気配すらない時期が続いた後、経済産業省が国産小型航空機の開発提案を各メーカーに要請したと聞いた時には本当に嬉しかった。平成14年(2002年)のことであり、「空白の7年」が明けてちょうど50年が経っていた。

その後、この航空機開発プロジェクトはM社が担当することとなり、MRJという名称で70席級民間ジェット旅客機の開発がスタートした。
わくわくした。本当に。
M社は私が勤務した会社のライバル企業(といっても相手は業界1位の王者だが)だったが、ようやく「空白の7年」の呪縛が解け、世界の空を日の丸ジェットが飛ぶ日が来るのだと思うと胸躍った。

ところが・・
その後MRJプロジェクトは初飛行にまでは漕ぎつけたものの、何度も壁にぶつかり、度重なる納期延長を経て、ついに「空白の7年」から68年が経過した今年10月、プロジェクトの凍結が発表された。

残念すぎて言葉もない。
新製ジェット旅客機を仕上げ、飛ばし、型式証明を取得してエアラインに収めることがどれほど大変なことなのか、詳しいことはわからない。
しかし、航空機製造再開から70年近くも経っているのに、未だにこの国は旅客機を作れないのか思うと悲しくなる。
先日読んだ記事の中に、「空白の7年」という5文字を見つけ、愕然とした。
まだこの呪いが解けないのか・・と。

私がその業界にいたころ、「日の丸ジェットは国の悲願だ」と熱く語っていたのは50代のオッサンたち、根っからの飛行機野郎たちだった。
そこから30年が経ち、私自身がオッサンになっているのに、未だに空白の7年なのか・・
M社にはここで諦めてほしくない。
凍結は仕方ないが、決して諦めることなく、1機で良いからエアラインの定期路線にこの飛行機を投入してほしい。
私が生きている間に、ぜひ。
posted by PI社長 at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年10月17日

沼田町「モデューロハウス」でワーケーション体験

今般のコロナ禍は自身の仕事にも大きな影響を与え、これまでとは異なる対応が求められることとなった。
そんな中の一つがテレワークであり、ワーケーションである。
このたび、仕事の現場である北海道・沼田町に滞在し、ここでワーケーションを体験した。
沼田町の中心部から10kmほど離れた幌新地区は、温泉ホテルやキャンプ場、化石博物館などが立地し、沼田町屈指の観光エリアである。その一角に、コンテナ風のトレーラーハウス、その名も「モデューロハウス」が鎮座していた。
紅葉真っ盛りな10月中旬、ここを拠点にワーケーションを体験してみた。

numa3.jpg

「モデューロハウス」の内装は明るい木調を基本とし、中央に仕事場となるテーブルスペースがあり、奥にベッド、反対側にキッチン、水回りスペースがある。1〜2人が滞在するには十分な広さで、無駄がなく、機能的な作りという印象だ。
snow peak製のテーブルとデッキチェアに陣取り、PCを立ち上げ、いざ仕事開始。ワーケーションの効果については人それぞれであろうが、窓から見える紅葉の美しさや夜の静寂は考えをまとめてアウトプットするのに最適な環境であり、心なしかメールへの返信の文面も、普段よりは少しだけ柔らかい表現になっていたかもしれない。

numa5.jpg

numa4.jpg

仕事に一息ついたら温泉の湯に浸かり、冷たいビールを飲み干す。晴れたていたなら満天の星空が仰げたに違いない。
札幌から2時間あまりの沼田町。「モデューロハウス」でのワーケーション体験は想像以上に快適な時間だった。時折、屋根がはじく大粒の雨音や50年ぶりに遭遇した「ハエ取りリボン」も忘れられない思い出となった。

numa2.jpg

numa6.jpg
posted by PI社長 at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年08月08日

人口増加、第4のパターン

2020年1月1日基準の全国自治体の人口統計が発表されたので、ざっとサーベイをしてみました。
北海道に着目すると、人口が増加したのは道内179市町村中11市町村。
自然増加(出生数−死亡数がプラス)したのは唯一千歳市のみです。
一方、社会増加(転入数−転出数がプラス)となったのは21市町村でした。

これまで、人口が増加する自治体は、
@大都市及びその衛星都市
Aリゾート・観光地域
B企業誘致・企業城下町
の3パターンのいずれかにあてはまり、例外は殆どありませんでした。
新たな産業が興るとか、行政施策が評価されて人口増加に結び付くなど、内発的な要因による人口増加事例はみられなかったわけです。

ところが、今回発表された統計をみると、どうやら第4のパターンが顕在化したようです。
その第4のパターンをいま、「外国人依存型地域」と呼ぶことにしましょう。
この代表的な例が、道北の猿払村です。
猿払村の今年1月1日時点の人口は2,766人ですが、同村は1年前に比べて人口が21人増加しました(自然減1人、社会増22人)。
問題はこの社会増の中身です。同村へは、国内他地域から差引1人が転入し、国外から差引20人が転入しました(その他の転入1名)。

画像3.png
↑画像クリックで拡大

このように社会増の要因の殆どは国外からの転入によるものです。
猿払村は前記の3パターンのいずれにも該当しません。
ホタテを中心とする水産及び水産加工業が盛んで、技能実習生を中心とする外国人に多くを依存しています。
同様の傾向は、オホーツク地方の雄武町(国外から差引17名が転入、社会増1名)などにもみられます。
今般の新型コロナ禍の中でも度々注目された外国人技能実習生の存在が、自治体の人口動態を大きく左右する存在になっていることが明らかになりました。

パターンAのリゾート・観光地域にも外国人の転入が多く、パターンBの企業城下町にも外国人の転入が認められるので、パターンAやBはCの性格も有しますが、猿払村のように、Cはそれ単独でも成立します。
さて、この第4の人口増加パターン、この先どこまで拡大するでしょうか。
posted by PI社長 at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | WORK

2018年09月26日

猿払村おそるべし Σ(・□・;)

 平成27年の国勢調査結果によると、道内179市町村のうち人口が自然増加((出生数ー死亡数)>0)しているマチはわずか6自治体しかありません。
 この中で特に注目に値するのは、第6位の猿払村。
 猿払村は、出生率では道内2位、そして、平成29年度の住民1人あたり年間所得は驚きの全国第3位 (813.7万円)。ナント、この金額は東京都渋谷区(4位)、兵庫県芦屋市(6位)よりも所得が高いのです。
 高所得の要因は言うまでもなく高収益なホタテ等の生産・加工業の存在です。若年者は進学のため一度は村を出るものの、儲かる仕事があるため、再び村に戻る人が多いとのことです。
 「儲かる仕事があれば人口は維持できる」の一例ではないでしょうか。
 人手不足や資源リスクはあるものの、過疎が進み経済が停滞する地方の中で異彩を放つこの道北の村にしばし注目です。
saru.jpg
posted by PI社長 at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | WORK

2018年07月17日

地域における外国人

にき.jpg

北海道内市町村住民の5年前の居住地のデータをもとに、国外から道内市町村に移動した人の動きを見てみました。
その結果、私の故郷・後志の余市町のとなりまち・仁木町は他から移動してきた人のうち国外からの移動者の割合が全道一であることが判明しました。
仁木町は、じつに移動者全体の2割が国外からの移動者です。
仁木町はトマトの栽培やサクランボなどの果実の栽培が盛んなまちですが、おそらく、技術研修生としてそれらの栽培に従事している人たちがその主因だと思われます。
余市町でも最近、研修生らしき外国人をよく見かけるようになりましたが、上位の町村の顔ぶれをみると、トマト栽培等の農業、ホタテの水産加工、観光業従事者が多い点で共通しています。
人手不足の折、こうした外国人技術研修生への依存度は高まる一方です。国も拡大の方針なので、今後さらに地域における外国人への依存度は高まることでしょう。
posted by PI社長 at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | WORK

2017年10月20日

世界レベルの短編映画祭

22365283_1449279961820594_4954219747571830699_n.jpg

10月12日に閉幕した「第12回札幌国際短編映画祭」(Sapporoショートフェスト2017)。
実行委員を退いて2年目の今年も一人の観客として会場に足を運んだ。
それほど多くの作品を鑑賞できたわけではないが、とにかく驚いた。
上映作品のクオリティが、、とにかく、、高い。

どの作品にも目を惹くポイントがあり、思わず「オオッ」と声に出してしまいそうな場面が何度もあった。
海外作品のレベルの高さは当初から際立っていたが、国内作品も完成度の高いものが多く、「いったいいつの間にこんなことに・・」というのが正直な感想である。
アワードセレモニーにも参加したが、「あんなに質の高い作品でもアワード無冠なのか?」と思う作品も数多くあった。

足掛け11年ほど実行委員として1次審査を担当し、延べ数千本の作品を観てきたわけだから、少なくとも作品を観る目はある程度肥えているだろうと自負しているのだが、今年の映画祭を観て一つ確信した。
「Sapporoショートフェストは世界レベル」だと。

人口減少と少子高齢化の影響で縮小ニッポンが叫ばれる。
これからは大都市であれ地方であれ、「そのビジネスや事業は世界に通用するか?」を意識せずにはいられなくなる。
はたして今の札幌に「世界レベル」と呼べるものがどれくらいあるだろうか?
そんな中で、間違いなく「Sapporoショートフェストは世界レベル」である。

そして、そうなった理由は「12年間続けたから」に他ならないだろう。
物事を続けることは、新たに立ち上げることの何倍もの努力を要する。
とくにこの映画祭は資金と人員で毎年のように窮地に立ち、大変な思いをしてきた。
それでも何とか12回目を迎え、スタッフの若返りも進み、若いフェスティバルディレクターの締めの挨拶は胸を打つものだった。

これから先も苦労が続くかもしれないが、
せっかく築いた「世界レベル」を絶対に手放してはならない。
「Sapporoショートフェストにノミネートされただけで光栄」、「この映画祭に帰ってこれて嬉しい」・・
世界レベルの作品を携えて来札するフィルムメーカーたちの想い、そして、それを楽しみに来場する目の肥えた観客の希望を無にしないためにも。
posted by PI社長 at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | sapporo

2017年01月19日

「年度」と「暦年」

数年後の元旦に元号改定の話などが出ているようです。
それに便乗してというわけでもないのですが、国の「年度」と「暦年」を一緒にしてしまったらどうでしょうか?
つまり、年度の始まりを現行の4月1月に変えてしまい、年度も暦年も1月〜12月にするのです。
他の地域のことはわかりませんが、コレ、北海道にとっては大きな意味のあることだと思います。
4月スタートの現在だと、予算執行がずれ込む関係で、秋口になってから急いで道路を掘り出したり、冬の寒い時期に工事をしなければならなかったり、あまり良いことがありません。
12月が年度末で、3月頃に予算執行なら、出稼ぎの必要もなくなるかもしれません。
年度末に近い2月、3月に駆け込みのセミナーが連発し、雪や悪天候で講師や参加者が来れないリスクも大ですが、これも解消できるでしょう。
事務や統計の類も、年度と暦年の3ヶ月のズレが相当のコストを生んでいるはず。
今まで議論されたことがるのか定かでありませんが、北海道から声をあげていくに相応しいテーマではないかと思うのです。
posted by PI社長 at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年01月18日

JR北海道の路線維持問題

14724509_1116572501758010_3414485448590297690_n.jpg

 昨年秋、JR北海道が単独では維持困難な路線を公表してからというもの、対象となった路線の沿線自治体や住民の懸念はもとより、利用者の一人として、道内の交通体系全体の在り方から根本的に考え直す必要があると考えています。
 現在もJRを利用しなければならない立場であり、また、高校・大学と7年間も「汽車通」を経験し、仕事でも「ふるさと銀河線」の活性化に係る調査を担当した身として、この問題には強い関心を持たずにはいられません。
 事態の改善に向け、逆転ホームランのような形は望めないと思いますが、智恵の結集によって、よりベターな方策はあるように思います。そんなこともこのブログ上で少しずつご紹介していけたらと思っています。
 しかし、本当にこのまま行くと、鉄道「網」などと言えないくらいの状況に陥りそうです。これではいけません。
posted by PI社長 at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年01月17日

今年もよろしくお願いします。

surf4.jpg

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
異常な寒さが続いていますが、こんな寒さの中、小樽は塩谷の海岸でサーフィンを楽しむ人々に遭遇しました。
何という逞しさ。
私も少し見倣って、タフにならないといけないと思いました。
皆様、今年も健やかな一年になりますように。
posted by PI社長 at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | オフィス

2013年06月01日

Which mountain do you like?

above:Mt.Shiripa in Yoichi town
under:Mt.Diamondhead in HAWAII

hikaku.jpg
posted by PI社長 at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記