2017年01月19日

「年度」と「暦年」

数年後の元旦に元号改定の話などが出ているようです。
それに便乗してというわけでもないのですが、国の「年度」と「暦年」を一緒にしてしまったらどうでしょうか?
つまり、年度の始まりを現行の4月1月に変えてしまい、年度も暦年も1月〜12月にするのです。
他の地域のことはわかりませんが、コレ、北海道にとっては大きな意味のあることだと思います。
4月スタートの現在だと、予算執行がずれ込む関係で、秋口になってから急いで道路を掘り出したり、冬の寒い時期に工事をしなければならなかったり、あまり良いことがありません。
12月が年度末で、3月頃に予算執行なら、出稼ぎの必要もなくなるかもしれません。
年度末に近い2月、3月に駆け込みのセミナーが連発し、雪や悪天候で講師や参加者が来れないリスクも大ですが、これも解消できるでしょう。
事務や統計の類も、年度と暦年の3ヶ月のズレが相当のコストを生んでいるはず。
今まで議論されたことがるのか定かでありませんが、北海道から声をあげていくに相応しいテーマではないかと思うのです。
posted by PI社長 at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年01月18日

JR北海道の路線維持問題

14724509_1116572501758010_3414485448590297690_n.jpg

 昨年秋、JR北海道が単独では維持困難な路線を公表してからというもの、対象となった路線の沿線自治体や住民の懸念はもとより、利用者の一人として、道内の交通体系全体の在り方から根本的に考え直す必要があると考えています。
 現在もJRを利用しなければならない立場であり、また、高校・大学と7年間も「汽車通」を経験し、仕事でも「ふるさと銀河線」の活性化に係る調査を担当した身として、この問題には強い関心を持たずにはいられません。
 事態の改善に向け、逆転ホームランのような形は望めないと思いますが、智恵の結集によって、よりベターな方策はあるように思います。そんなこともこのブログ上で少しずつご紹介していけたらと思っています。
 しかし、本当にこのまま行くと、鉄道「網」などと言えないくらいの状況に陥りそうです。これではいけません。
posted by PI社長 at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年01月17日

今年もよろしくお願いします。

surf4.jpg

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
異常な寒さが続いていますが、こんな寒さの中、小樽は塩谷の海岸でサーフィンを楽しむ人々に遭遇しました。
何という逞しさ。
私も少し見倣って、タフにならないといけないと思いました。
皆様、今年も健やかな一年になりますように。
posted by PI社長 at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | オフィス