2017年01月18日

JR北海道の路線維持問題

14724509_1116572501758010_3414485448590297690_n.jpg

 昨年秋、JR北海道が単独では維持困難な路線を公表してからというもの、対象となった路線の沿線自治体や住民の懸念はもとより、利用者の一人として、道内の交通体系全体の在り方から根本的に考え直す必要があると考えています。
 現在もJRを利用しなければならない立場であり、また、高校・大学と7年間も「汽車通」を経験し、仕事でも「ふるさと銀河線」の活性化に係る調査を担当した身として、この問題には強い関心を持たずにはいられません。
 事態の改善に向け、逆転ホームランのような形は望めないと思いますが、智恵の結集によって、よりベターな方策はあるように思います。そんなこともこのブログ上で少しずつご紹介していけたらと思っています。
 しかし、本当にこのまま行くと、鉄道「網」などと言えないくらいの状況に陥りそうです。これではいけません。
posted by PI社長 at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178447885

この記事へのトラックバック