2010年01月31日

テッド・ネルソン

先週金曜の夜、メディア・アーティストとして活躍されている江渡浩一郎氏(産業総合技術研究所)の講演を聞きに行きました。

江渡氏は、知のコラボレーションシステム「qwik」、動く表現物の創作・共有シスム「Modulobe」のほか、「くまうた」というプレステ2用ソフトの自動作曲エンジンの開発に携わるなど、独自性の強い作品や研究を次々に生み出されていて、大変興味深い話ばかりでした。
「パターン、Wiki、XP〜時を超えた創造の原則」(2009、技術評論社)という著作もあるので、読んでみようと思っています。

彼の話の中で、懐かしい人の名前が出てきました。
その人物の名前はテッド・ネルソン
「ハイパーテキスト」の考案者ですが、そのテッド氏は1994年から数年間、札幌に滞在して若手研究者と一緒に研究をしていたのです。
テッド氏が江渡氏にも影響を与えていたことを知り、不思議な縁を感じて嬉しくなりました。
テッド・ネルソン氏の近況は耳にしていませんが、さて元気で活躍されているのでしょうか?
posted by PI社長 at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | WORK
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35033412

この記事へのトラックバック