2010年05月16日

マイケル・ケンナ写真展

マイケルケンナ1

米国在住の著名な写真家 マイケル・ケンナの写真展を見てきました。
「これが本当に北海道の写真なの?」と疑ってみたくなる作品の数々が余すところなく展示されていて、素晴らしい写真展でした。

初めて氏の作品を見た時に受けた衝撃が、今回の写真展でさらに増幅されたように感じます。
少ない素材、シンプルな構図、繊細な光の濃淡・・・こんなに惹き込まれる写真にはお目にかかったことがありません。
素晴らしい写真家、そして作品に出会えて幸運でした。

マイケル・ケンナ写真展は、5月30日(日)まで、札幌の宮の森美術館で開催中。
オススメです。

マイケルケンナ2
posted by PI社長 at 22:50| Comment(2) | TrackBack(0) | イベント
この記事へのコメント
佐藤さんのブログ初めて来ました!
マイケルの札幌での個展も残すところあと3日。
明日でも見納めに再び行ってこようかと思っています。
Posted by 加藤 剛 at 2010年05月27日 21:39
加藤さん、お久しぶりです。
個人ブログはあまり更新していないのでお恥ずかしいです。(これからしっかり更新しなくちゃ)
ワイフと義母と一緒に見に行きましたが、二人とも感激していました。
ホントに、どうしてあんなに幻想的な写真が撮れるのでしょうね。どの写真も、目にするたびに「オーッ」「へェー」「スゴイ!」の連発でした。
Making映像(加藤さんもしっかり映っていましたね)を見ると、さらに理解が深まりました。
ケンナさんが言うように、私たちが住む北海道は、本当に素晴らしい資源をたくさん持っている島なんだと認識を改める必要があるのかもしれませんね。
ホントに素晴らしい作品を見せてもらいました。
Posted by PI社長 at 2010年06月08日 06:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38165921

この記事へのトラックバック