2012年11月08日

年に一度の健康診断

年に一度は必ず健康診断を受けることにしているのですが、今日はまさにその日。

検査はそもそも億劫ですが、中でも「採血」と「胃バリウム」だけは、何度やっても慣れることができません。
「採血」は、大学生の時に献血をした際、針を刺された部分がぼっこり腫れ上がり、それ以来のトラウマです。針を刺されるのも、血を抜かれるのも見たくないので、いつもソッポを向きながら「早く終わってくれ」と念じています。

そして「胃バリウム」。
検査が進んだところで、バリウムを追加で飲まされて以来、この「追加バリウム」をなかなか飲みきることができず、いつもイヤな思いをしています。
ここ数年は、「追加バリウムお断り。最初に多く飲んでいいならそうする。とにかくバリウムは一度だけにして、それで検査をやりきってくれ!」と検査技師に“命令”します。
今日も“命令”してしまいました。

今年もどうにか検診は終了。
結果が気になりますが、果報は寝て待つことにします(苦笑)
posted by PI社長 at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59907194

この記事へのトラックバック