2020年08月08日

人口増加、第4のパターン

2020年1月1日基準の全国自治体の人口統計が発表されたので、ざっとサーベイをしてみました。
北海道に着目すると、人口が増加したのは道内179市町村中11市町村。
自然増加(出生数−死亡数がプラス)したのは唯一千歳市のみです。
一方、社会増加(転入数−転出数がプラス)となったのは21市町村でした。

これまで、人口が増加する自治体は、
@大都市及びその衛星都市
Aリゾート・観光地域
B企業誘致・企業城下町
の3パターンのいずれかにあてはまり、例外は殆どありませんでした。
新たな産業が興るとか、行政施策が評価されて人口増加に結び付くなど、内発的な要因による人口増加事例はみられなかったわけです。

ところが、今回発表された統計をみると、どうやら第4のパターンが顕在化したようです。
その第4のパターンをいま、「外国人依存型地域」と呼ぶことにしましょう。
この代表的な例が、道北の猿払村です。
猿払村の今年1月1日時点の人口は2,766人ですが、同村は1年前に比べて人口が21人増加しました(自然減1人、社会増22人)。
問題はこの社会増の中身です。同村へは、国内他地域から差引1人が転入し、国外から差引20人が転入しました(その他の転入1名)。

画像3.png
↑画像クリックで拡大

このように社会増の要因の殆どは国外からの転入によるものです。
猿払村は前記の3パターンのいずれにも該当しません。
ホタテを中心とする水産及び水産加工業が盛んで、技能実習生を中心とする外国人に多くを依存しています。
同様の傾向は、オホーツク地方の雄武町(国外から差引17名が転入、社会増1名)などにもみられます。
今般の新型コロナ禍の中でも度々注目された外国人技能実習生の存在が、自治体の人口動態を大きく左右する存在になっていることが明らかになりました。

パターンAのリゾート・観光地域にも外国人の転入が多く、パターンBの企業城下町にも外国人の転入が認められるので、パターンAやBはCの性格も有しますが、猿払村のように、Cはそれ単独でも成立します。
さて、この第4の人口増加パターン、この先どこまで拡大するでしょうか。
posted by PI社長 at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | WORK

2018年09月26日

猿払村おそるべし Σ(・□・;)

 平成27年の国勢調査結果によると、道内179市町村のうち人口が自然増加((出生数ー死亡数)>0)しているマチはわずか6自治体しかありません。
 この中で特に注目に値するのは、第6位の猿払村。
 猿払村は、出生率では道内2位、そして、平成29年度の住民1人あたり年間所得は驚きの全国第3位 (813.7万円)。ナント、この金額は東京都渋谷区(4位)、兵庫県芦屋市(6位)よりも所得が高いのです。
 高所得の要因は言うまでもなく高収益なホタテ等の生産・加工業の存在です。若年者は進学のため一度は村を出るものの、儲かる仕事があるため、再び村に戻る人が多いとのことです。
 「儲かる仕事があれば人口は維持できる」の一例ではないでしょうか。
 人手不足や資源リスクはあるものの、過疎が進み経済が停滞する地方の中で異彩を放つこの道北の村にしばし注目です。
saru.jpg
posted by PI社長 at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | WORK

2018年07月17日

地域における外国人

にき.jpg

北海道内市町村住民の5年前の居住地のデータをもとに、国外から道内市町村に移動した人の動きを見てみました。
その結果、私の故郷・後志の余市町のとなりまち・仁木町は他から移動してきた人のうち国外からの移動者の割合が全道一であることが判明しました。
仁木町は、じつに移動者全体の2割が国外からの移動者です。
仁木町はトマトの栽培やサクランボなどの果実の栽培が盛んなまちですが、おそらく、技術研修生としてそれらの栽培に従事している人たちがその主因だと思われます。
余市町でも最近、研修生らしき外国人をよく見かけるようになりましたが、上位の町村の顔ぶれをみると、トマト栽培等の農業、ホタテの水産加工、観光業従事者が多い点で共通しています。
人手不足の折、こうした外国人技術研修生への依存度は高まる一方です。国も拡大の方針なので、今後さらに地域における外国人への依存度は高まることでしょう。
posted by PI社長 at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | WORK

2012年11月04日

小樽で講師役

小樽で永く続いている異業種交流会の定例会で、久しぶりに講師役を務めさせていただきました。
「会社や商品の情報(メッセージ)をどう発信すべきか?」をお題に、私自身が面白いと思った事例を6つ選んでご紹介しました。

さすがに異業種というだけあって、参加者の皆さんの業種はバラバラ。
同じものづくりの会社にしても、属する業界が異なるので、やはりバラバラ。
特定業種に絞った話もできず、かといって抽象的な話でもつまらない・・
テーマの設定に苦労しましたが、私自身も頭の整理ができ、とても良い機会を与えていただきました。

小樽は高校・大学と7年間もお世話になった街。
とても強い想いを持っている街で、お話させていただけて幸せでした。
参加者の皆様、関係者の皆様に感謝致します。
posted by PI社長 at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | WORK

2010年01月31日

テッド・ネルソン

先週金曜の夜、メディア・アーティストとして活躍されている江渡浩一郎氏(産業総合技術研究所)の講演を聞きに行きました。

江渡氏は、知のコラボレーションシステム「qwik」、動く表現物の創作・共有シスム「Modulobe」のほか、「くまうた」というプレステ2用ソフトの自動作曲エンジンの開発に携わるなど、独自性の強い作品や研究を次々に生み出されていて、大変興味深い話ばかりでした。
「パターン、Wiki、XP〜時を超えた創造の原則」(2009、技術評論社)という著作もあるので、読んでみようと思っています。

彼の話の中で、懐かしい人の名前が出てきました。
その人物の名前はテッド・ネルソン
「ハイパーテキスト」の考案者ですが、そのテッド氏は1994年から数年間、札幌に滞在して若手研究者と一緒に研究をしていたのです。
テッド氏が江渡氏にも影響を与えていたことを知り、不思議な縁を感じて嬉しくなりました。
テッド・ネルソン氏の近況は耳にしていませんが、さて元気で活躍されているのでしょうか?
posted by PI社長 at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | WORK

2009年07月14日

大平まゆみさん・・・素敵な方でした

大平まゆみさん

札幌交響楽団のコンサートマスターとしてご活躍されているヴァイオリニスト・大平まゆみさんとICCのチーフコーディネーター・久保俊哉氏の対談記事の構成とライティングを担当しました。

大平さんの演奏は海外でも評価が高く、ファンも多いとお聞きしていましたが、素敵なお人柄、話す内容、そして、目の前で演奏して下さったヴァイオリンの生音、いずれもが素晴らしく、対談をモニターしながら、「こんな役得があっていいのか」と思ってしまうほどでした。

大平さんには、私が実行委員を務める第4回札幌国際短編映画祭(10月14日開催)で国際審査員をお引き受けいただくことになり、対談ではそのことにもふれています。

大平さんのプロフィールから現在の音楽活動に至るまで、彼女の魅力がぎっしり詰まった対談記事は、ICCのWebサイトで見ることができます。生演奏の動画もUPされていますので、ぜひお楽しみください。
posted by PI社長 at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | WORK

2009年06月19日

日本のソフトウエアの未来

先日、札幌で開催されたソフトウェア・シンポジウム2009 - SS2009に参加してきました。
これはソフトウェア技術者協会が主催するシンポですが、会員以外でも聴講できるセッションがあったので、1コマだけ聴かせてもらいました。

聴講したのは、『IT記者が議論する−日本のソフトウエアの未来』というセッションで、
テーマ1が「日本のソフトウェア産業に未来はあるか?」
テーマ2が「日本のITエンジニアは未来をどう切り拓くべきか?」
という、なかなか興味深いお題でした。

IT業界の人ではなく、IT業界を取材対象とするジャーナリストが企業や業界関係者へのヒアリングや取材等の中から気付いた点などを提起し、それをネタに参加者と議論する内容で、とても有意義でした。
私自身、札幌を中心とする北海道のIT産業については早くから関心をもち、勉強してきた分野でもあるので、全国各地域のIT産業の事情をよく知るジャーナリストがIT産業の現状や今後の動向をどう見ているのか、大変興味があったわけですが・・。

結果はかなり悲観的なようです。
ITを含む各業界で働く社員にアンケートした結果をみると、「いまの仕事に対するやりがい」「いまの待遇への満足度」といった項目で、IT業界は最も悲観的な結果が出ており、唯一前向きな結果だったのが「業界の将来性」という項目でしたが、これもどうやら「自分の将来は悲観的だが、会社や業界は何とか生き残っていくのだろう」という冷めた見方ではないかとの指摘がありました。

このほか、8次下請まであるとされる重層下請構造、人・月単価20万円でも仕事を請負う企業の存在など、日本のIT業界はどんどん環境が悪化しているのではないかとの見解が示され、聴いていて、だんだん背筋が寒くなってきました。

そんな中、少し希望が持てたのは、東京よりも、地域に立地する従業員50〜100人くらいの企業の中に今後期待できそうな企業が多いとのことで、その理由は、これらの企業は下請として最もキツイ立場を経験しているがために、今後の「あるべき姿」を最もイメージし易いからとの話でした。

景気の底打ちが宣言されましたが、地域ではまったくその実感がありません。
全体に悲観的な内容が多いセッションでしたが、IT産業は北海道にとって極めて重要な産業であることに変りはありません。
この産業の浮上に向けて何が提案できるか、アンテナを高くして考え続けようと思います。
posted by PI社長 at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | WORK

2009年05月28日

OYOYO 1周年

oyo2.jpg

アートパワーで都心部を盛り上げようと、昨年5月にオープンした「OYOYO まち×アートセンター さっぽろ」に行ってきました。

OYOYOは昭和38年に建てられた古いビルの中にあり、ここにはアーチスト、デザイナー、写真家、ミュージシャンなど、プロ・アマを問わず、クリエイティブなことに関心のある人たちが集まってきては、“放課後の部活動”を楽しんでいます。
昨日訪問した時には、ちょうど中国の楽器・二胡の同好会が演奏していました。
昨年は、OYOYOが位置する「オヨヨ通り」のビルの壁に映像を投影し、都心の夜をアートで飾ったそうです。

oyo1.jpg

OYOYOにはギャラリーやライブ会場として使えるスペースがあり、写真、クラフト、怪しいレトロな品々など、見て楽しいモノもたくさん置かれていました。
6月にはカフェもオープンするとのことなので、ふらっと訪れるのも良いでしょう。
ぜひ足を運んでみてください。

OYOYOの取材記事は↓からどうぞ。
http://www.icc-jp.com/ja/2009/05/000354.php
posted by PI社長 at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | WORK