2011年06月05日

新緑が眩しい季節


icho1.jpg

やっと気温も高くなり、晩春から初夏に向かいつつある札幌。
この時期、小雨があがった後の緑がとても眩しく、見ているだけで目が癒されます。
まさに北海道は今、一年で最高の季節を迎えようとしています。

震災の影響で道内の観光は大きな影響を受けていますが、この季節の北海道の素晴らしさをぜひ多くの方に味わってほしいと思います。
もちろん、かく云う私も休日はどんどん外に出ますよ!
posted by PI社長 at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月31日

34年前の一コマ

hanajiro.jpg

数日前、仕事仲間と「猫」の話題で盛り上がり、昔、飼っていた猫が新聞にデカデカと紹介されたことを思い出しました。
それで、探してみてら・・・出てきましたよ。
しかも、何と日付は34年前の今日。

何ともまぁ、行儀の悪い姿だこと。
家の前でひっくり返っているところをパチリと撮られたんでしょうなぁ。
この記事、縦が10センチもあるんです。
こんなに大きく報じてもらえるなんて、イイご身分ですなぁ。
よっぽど書く記事ネタがなかったんだな、記者さん。(^-^)
posted by PI社長 at 06:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月30日

癒される風景

kadan.jpg

自宅から駅までの道すがら、とても奇麗な花たちを目にしながら通勤しています。
町内会が花壇づくりにとても力を入れていて、毎年、素敵な見事な“作品”を見せてくれます。
朝、色とりどりの花を見ながらの出勤はとても気持ちが良いものです。
花壇を管理してくれている町内会や子ども会の皆さんに感謝! です。
posted by PI社長 at 07:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年04月25日

厳しくも優しく・・

ibaraki3.jpg

茨木のり子さんの詩にはじめて出会ったのは、中学1年の国語の教科書に載っていた「六月」という作品を通じてでした。

『どこかに美しい村はないか』という一節ではじまるこの詩はとても印象に残り、この詩に出て来る「一日の仕事の後には男も女も黒麦酒のジョッキをかたむける」という、それと同じことをいつかやってみたいと思ったものです。(実際、この夢は大学生になってから実現しましたが、当時の私には黒麦酒は口に合いませんでした;^^)

大学に入学し、図書館で茨木さんの詩集を発見して以来、時々目にしていましたが、ベスト版ともいえる作品集が発行されたのを知って、久々に手に取りました。

誰かに喝を入れて欲しい時、優しく叱られたい時、茨木さんの詩はとても美しい言葉で、力強く、愛の鞭で思い切り尻を叩いてくれます。

今回も「自分の感受性くらい自分で守ればかものよ」とやられ、「駄目なことの一切を時代のせいにはするな」と喝を入れられました。

ここ数ヶ月間、あまりも色々なことがありすぎて、少々参っていましたが、今は亡き女流詩人に気持ち良く叱られて、元気が出そうです。
posted by PI社長 at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年04月20日

星置緑地の春


basyo.jpg

自宅近くのお気に入りスポット 星置緑地。
毎年、この時期には水芭蕉が一面に咲き乱れるのですが、満開にはまだ少し早いようです。
星置駅の近く、すぐ横をJR函館線が走る位置にありながら、貴重な自然が維持されている場所です。

木道が整備されているので、散策、撮影、写生にもオススメです。
野鳥、カエルの卵、サンショウウオなどの姿も見かけます。
満開はあと一週間後くらいでしょうか。
ぜひ訪ねてみてください。
posted by PI社長 at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然

2011年04月19日

Facebookはオジサン解放区になるか?

遅ればせながら、Facebookのアカウントを取得しました。
あっという間に100人以上の方と「お友達」関係になりましたが、最近、ちょっと異変が起きています。

会社を退職された方、ご年配の方からの「お友達」リクエストが続いているのです。

これはmixiやtwitterでは見られなかった動きです。
ご年配の方々の間でもFacebookが話題になっているのか、それとも、「乗り遅れてはいけない」という想いからなのか、理由は定かではありませんが、Facebookの中で人生の先輩方がどのようなアクションを起こされるのか、ちょっと注目してみようと思います。

ビートルズを聞いた世代が退職し、高齢者の域に入っていくこれからの時代。
恐らくこの先輩世代はこれまでの高齢者とは異なる行動を取ることでしょう。
どう展開するのか、ちょっと楽しみです。
タグ:Facebook
posted by PI社長 at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年02月12日

春の予感

haru.jpg

まだ2月ですが、何となく春を感じます。
気温が高いので雪も融けて、空も青。

訪れた春を楽しむのも良いですが、春を待ってる時期もまた素敵なもの。
頭の中で↓の曲が鳴ってます。

posted by PI社長 at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月31日

年男の決意?

48歳

また一つ、齢を重ねることになりました。
今年は48歳、年男でございます。

24歳の時、同じ職場に2まわり上の上司がいて、その年の差の大きさを実感していましたが、今や自分がそう思われる年齢になったということですね。

この間、自分がどのくらい成長したか、どれだけ大人になったのかと考えると、それほどでもないように思えてしまいます。

しかし、それがどうであれ、50代を目前にしたこの2年間、悪くない時間かなと思います。
残り少ない40代最後の悪あがき、思い切りやってみます。
posted by PI社長 at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月03日

謹賀新年

2011年が明けました。
本年もよろしくお願いいたします。

皆様、お正月は穏やかに過ごされましたでしょうか?
例年どおり、私は余市町の実家で新年を迎えました。
元日に4人で余市神社に初詣に行き、おみくじを引いたら、4人全員が「大吉」でした。
幸先よいスタートとなりそうです。

余市港では、停泊しているすべての漁船が大漁旗を上げ、風に靡いてそれはそれは壮観でした。
この旗のように、勢いある年にしたいですね。

tairyo400.jpg
posted by PI社長 at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年07月28日

北海道を中心とした日本全図

北海道反転地図

視点を変えた面白い地図が発行されました。
題して「北海道を中心とした日本全図」。

面白いので、2枚買い、1枚は自分の事務所に、もう1枚は仕事で通っているオフィスの壁に張りました。
自分の席からは真正面にこの地図が見えます。

この地図を見ると、「表日本」「裏日本」(古いか?)といった区別が無意味だなと感じます。
日本海は琵琶湖の形のダブって見え、これまで裏日本と言われてきた地域が環日本海の半分を担っているのがよくわかります。

何だか元気が湧いてくるこの地図。
この地図のように、柔軟な発想で仕事をしたいものです。

http://www.excite.co.jp/News/bit/E1279601926632.html
posted by PI社長 at 07:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評