2011年07月10日

10期目突入です

弊社はこの7月8日から、第10期目を迎えました。
早いもので、2002年の設立以来9年が経過し、節目の一年を迎えることになります。
多くの顧客や仲間からご支援をいただき、大変やり甲斐のある仕事をさせていただいておりますが、新年度も緊張感を持って取り組んで参ります。
引き続き、ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。
posted by PI社長 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月27日

小樽〜札幌間、駅の変化

eki.jpg

先日、手稲〜星置間を線路沿いにゆっくり歩いた際、行き交う電車を見ながらふっと思ったのは、「しかしまぁ、駅数が増えたなぁ」ということでした。

私が学生だった頃、小樽〜札幌間のJR(当時は国鉄)は駅の数が少なく、駅と駅の間隔がとても長かったのです。
銭函駅の次がもう手稲、その次が琴似、桑園、札幌と続き、銭函〜札幌間の駅数は3駅しかありませんでした。
これが今は8駅もあります。

5駅も増えたわけですが、さて、所要時間はどのくらい変化しているのかと思い、1974年7月の時刻表(そもそもこんな古い時刻を持っていること自体がヘンですが・・)と現在のもので調べてみたら、何と2分間短縮になっていました。

普通電車だけでなく、今は快速も区間快速もあるので、小樽〜札幌間の所要時間短縮は相当進んだということになりますね。

ちなみに、74年当時の小樽市の人口約18.8万人、現在約13.2万人で、3割減。
一方、札幌は74年当時約120.1万人、現在約192.0万人で、1.6倍。

札幌圏も大きく変容してしまいましたが、木製の鈍行列車が行き交い、夏だけ息を吹き返す張碓駅があった頃を懐かしく思います。

posted by PI社長 at 07:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月17日

年に一度の楽しき奇行

kikou1.jpg

毎年、夏至近くのこの時期に必ず一つの奇行をします。
今年は昨日がその決行日。

わざわざ最寄駅より手前の駅で下車し、ゆっくり歩いて帰るのです。
いつもなら一つ手前の稲穂駅で降りるところを、今日はあまりに好天で気持ちが良いので、二つ前の手稲駅で降りることにしまた。
...ゆっくり歩くこと30分、たっぷり散歩を楽しめました。

いつもはクルマを運転し、素通りする道を、ゆっくりゆっくり歩いて帰ります。
辺りがどんどん暗くなり、ビュンビュン電車とクルマに追い抜かれながら、ふだんは見られない景色を楽しみつつ、ひたすら歩きます。

今日の発見は、大好きな映画「バグダッド・カフェ」を思わせる風景に出会ったこと。
しばし見とれてしまいました。

それにしても昨日は本当に気持ちが良く、最高の奇行日和。
とてもシアワセな気分を味わえました。
posted by PI社長 at 06:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月07日

PCの液晶逝く

y5.jpg

長く使ってきたノートPCの液晶が逝ってしまいました。
電源を入れると、立ち上がりはするものの、画面は真っ黒。
よく見ると、薄っすらと何か映っているのが見えますが、実用にはならず。
外部ディスプレイにつなぐと問題なく見えるので、ノートの液晶だけが逝ってしまった模様。

液晶は消耗品なので、いつかはこうなるとわかってはいても、いざ飛ばれてみると、やはり不便です。
ノートPCはずっとPanasonicのLet's Noteを使い続けているので、次もPanaにしたいのですが、軽くて14.1インチ大画面のYシリーズが生産中止になってしまい、残念でなりません。
また復活してくれないかな、Panasonicさん。
posted by PI社長 at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月06日

初氷

kori.jpg

「初氷」といっても、別に寒くて氷が張ったわけではありません。

昨日、今年初めてかき氷を食べました。
札幌もそんな季節になりました。

青と白の地に赤色の「氷」という小旗を見ると、子どもの頃の夏休みにタイムスリップした気分になります。
毎日、真っ黒に日焼けして外で遊びまくっていた少年の頃。
喉が乾き、救いを求めるように帰ってきた家で食べるかき氷の何と旨かったこと。

そんなことを思い出しながら食べたイチゴ氷は、少しだけ昭和な味がしました。
posted by PI社長 at 06:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月05日

新緑が眩しい季節


icho1.jpg

やっと気温も高くなり、晩春から初夏に向かいつつある札幌。
この時期、小雨があがった後の緑がとても眩しく、見ているだけで目が癒されます。
まさに北海道は今、一年で最高の季節を迎えようとしています。

震災の影響で道内の観光は大きな影響を受けていますが、この季節の北海道の素晴らしさをぜひ多くの方に味わってほしいと思います。
もちろん、かく云う私も休日はどんどん外に出ますよ!
posted by PI社長 at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月31日

34年前の一コマ

hanajiro.jpg

数日前、仕事仲間と「猫」の話題で盛り上がり、昔、飼っていた猫が新聞にデカデカと紹介されたことを思い出しました。
それで、探してみてら・・・出てきましたよ。
しかも、何と日付は34年前の今日。

何ともまぁ、行儀の悪い姿だこと。
家の前でひっくり返っているところをパチリと撮られたんでしょうなぁ。
この記事、縦が10センチもあるんです。
こんなに大きく報じてもらえるなんて、イイご身分ですなぁ。
よっぽど書く記事ネタがなかったんだな、記者さん。(^-^)
posted by PI社長 at 06:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月30日

癒される風景

kadan.jpg

自宅から駅までの道すがら、とても奇麗な花たちを目にしながら通勤しています。
町内会が花壇づくりにとても力を入れていて、毎年、素敵な見事な“作品”を見せてくれます。
朝、色とりどりの花を見ながらの出勤はとても気持ちが良いものです。
花壇を管理してくれている町内会や子ども会の皆さんに感謝! です。
posted by PI社長 at 07:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年04月25日

厳しくも優しく・・

ibaraki3.jpg

茨木のり子さんの詩にはじめて出会ったのは、中学1年の国語の教科書に載っていた「六月」という作品を通じてでした。

『どこかに美しい村はないか』という一節ではじまるこの詩はとても印象に残り、この詩に出て来る「一日の仕事の後には男も女も黒麦酒のジョッキをかたむける」という、それと同じことをいつかやってみたいと思ったものです。(実際、この夢は大学生になってから実現しましたが、当時の私には黒麦酒は口に合いませんでした;^^)

大学に入学し、図書館で茨木さんの詩集を発見して以来、時々目にしていましたが、ベスト版ともいえる作品集が発行されたのを知って、久々に手に取りました。

誰かに喝を入れて欲しい時、優しく叱られたい時、茨木さんの詩はとても美しい言葉で、力強く、愛の鞭で思い切り尻を叩いてくれます。

今回も「自分の感受性くらい自分で守ればかものよ」とやられ、「駄目なことの一切を時代のせいにはするな」と喝を入れられました。

ここ数ヶ月間、あまりも色々なことがありすぎて、少々参っていましたが、今は亡き女流詩人に気持ち良く叱られて、元気が出そうです。
posted by PI社長 at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年04月20日

星置緑地の春


basyo.jpg

自宅近くのお気に入りスポット 星置緑地。
毎年、この時期には水芭蕉が一面に咲き乱れるのですが、満開にはまだ少し早いようです。
星置駅の近く、すぐ横をJR函館線が走る位置にありながら、貴重な自然が維持されている場所です。

木道が整備されているので、散策、撮影、写生にもオススメです。
野鳥、カエルの卵、サンショウウオなどの姿も見かけます。
満開はあと一週間後くらいでしょうか。
ぜひ訪ねてみてください。
posted by PI社長 at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然